So-net無料ブログ作成

クレーべ頼みの攻撃になってしまいました<2019年J2第30節町田戦@野津田> [レポート]

ジェフ1-1町田




どうも、わたしです。




ジェフは町田の速い球際での出足に圧されてしまい、

自陣で引く時間が長く、なかなか攻撃に転換できなかったように思います。



クリアボールをクレーべに向けて蹴るシーンも多く、

攻撃がクレーべ頼みになったゲームに見えました。



流れを簡単に振り返ります。


ゲームは、町田がコンパクトに密集するのに合わせ、ジェフもコンパクトに応戦し、球際の激しい戦いとなった。コンパクトな中ではジェフはやや押されてしまい、徐々に自陣に押しこまれる展開となった。町田は裏へのボールをどんどん入れ、ジェフは下がりながらの対応で後手に回っていると、34分にCKの流れから、ゴール前混戦をロメロフランクに押し込まれ失点してしまう。しかり、40分にサイドチェンジから左サイドで起点を作ると、下平のクロスにクレーべが合わせて、同点とした。前半は町田ペースとなるも、1-1で終えます。後半に入ると全体的にルーズになってきたが、ジェフは出足で後手を踏み、町田が先にボールに触る展開が続く。ジェフはカウンターからサイド裏で起点を作りチャンスも作ったが、全体的には押し込まれ、自陣で守る展開が多く、なんとか1-1で引き分けたゲームでした


思うところを書いていきます。


①クレーべ頼みの攻撃になってしまいました



ジェフは町田のコンパクトに応戦し、局面でコンパクト作り戦いましたが、

中盤やサイドでは、球際で負けてしまい、押し込まれる展開となりまいた。



多くの選手が自陣で守る展開でしたが、奪ってもパスをつなぎながら陣をあげることができず、

町田に寄せられて苦しむ展開となりました。



そのため、クリアボールを蹴っていくわけですが、

クレーべが収めた時だけ形のできる、クレーべ頼みの攻撃であったように思います。



しかし、クレーべもよく収めてくれ、

それなりの戦いができたことは良かったことにも思います。



ただ、クレーべが中盤の起点になってしまうことで、ゴール前になかなか入ることができず、

得点シーンのようにゴール前で合わせるような強みのある形がなかなか作れない面もあります。




やはりジェフとしては、サイドでクレーべに頼らず形を作り、

ゴール前にクレーべが入っていたいところ。



今節のように、中盤でクレーべ頼みになる形にできるだけ頼らず

ゴール前に入っていけるような形を構築していってほいいと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ