So-net無料ブログ作成
レポート ブログトップ
前の3件 | -

玉際の激しい戦いに苦しみました<2019年J2第35節山形戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ1-4山形


どうも、わたしです。



今節は、ジェフは流動的に動いたものの

山形のコンパクトな布陣や、早い寄せに苦しんだと思います。



球際の激しい戦いでは後手に回り、

けが人も出て、苦しい戦いになったように思います。



流れを簡単に振り返ります。

ゲームは両軍とも縦に早い展開で始まり、ジェフもどんどんサイドの裏に入れていって、サイドからチャンスを作った。アランとヨネのコンビでクロスまでいくシーンがあるものの、得点には至らないでいると、徐々に山形に収まるようになり、押されるように。ややジェフが下がるようになると、35分、クリアボールを相手に奪われると、カウンターから本田に決められ失点、前半を0-1で終えます。後半に入ると、すぐの46分、ジェフは右サイドで起点を作り、アランとヨネのコンビから、ヨネのクロスを、ファーサイドの矢田が決めて同点とした。しかし徐々にジェフは間延びしていくと、山形のコンパクトに苦しみ、形が作れない。57分にカウンターを受けると、山岸のシュートを優也がセーブも、こぼれを山田に決められ失点。79分には、GKへのパスをさらわれ、大槻に決められ失点した。さらに90+2分、井出がサイドに振ると、柳からのクロスを井出に決められ失点となり、1-4で敗戦したゲームでした。


思うところを書いていきます。



①球際の激しい戦いに苦しみました


ジェフも山形も、コンパクトな布陣を敷いて、

球際の激しい戦いが多かったように思います。



ともに、コンパクトにしてくる裏のスペースにボールを入れて、

競り合いになる場面も多く、そういった場面でも球際の争いが多かったようにも思います。



そういった球際の争いや、競り合いで、ジェフは負ける場面があり、

球際での戦いに、戦い慣れていない印象を受けました。



1対1の局面で球際で負けてしまうと、

どうしても苦しい戦いになってしまいます。



失点の起点となる場面でも、球際で競り負ける場面があり、

どうしても球際が気になりました。



ジェフは普段の戦いや練習で球際の戦いになれていない印象も、

ありました。



早い展開や強い球際の戦いに対応するためにも、

普段から、球際での戦いを訓練し高めていってほしいと思います。




がんばれジェフユナイテッド


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

後半の戦い方にも工夫が欲しい<2019年J2第34節岡山戦@Cスタ> [レポート]

ジェフ0-0岡山



どうも、わたしです。



ジェフは安定した戦いで、

引き分けに持ち込んだゲームに思います。



一方でペースを握った前半に対し、後半は劣勢となり、

後半の戦い方にも、工夫が欲しいと感じる一戦であります。


流れを簡単に振り返ります。

序盤から岡山が前からプレスをかけカウンターを狙って始まったが、ジェフが徐々にボールを落ち着けて、主導権を握った。序盤はジェフが奪われると岡山に裏に入れられる展開もあったが、ジェフの早いパス回しでペースをにぎり、奪われても相手の速攻を遅らせる守備でペースを握った。全体的にジェフペースで進み、左サイドを中心に数的優位を作りクロスまでいくが、決めきれず、前半を0-0で終えます。後半にはいるとややルーズな展開となり、岡山の出足が目立つように。局面で出足で負けると、前線へボールを出され、裏へのスペースで競り合いになるシーンが増えた。それでもジェフは、全体t系に大きなスペースを空けず、攻撃でもサイドからの攻撃を仕掛け続け、互角の展開を続け、0-0で引き分けたゲームでした。


思うところを書いていきます。



①後半の戦い方にも工夫が欲しい



ジェフは前半はペースを握り、戦えたものの、

後半はやや狙いのわからないゲームになったと思います。



前半は、テンポの速いパスワークや、サイドに数的優位を作る形で、

効果的に攻められていたように思います。



一方で、後半に少しずつルーズな展開となると、

岡山の出足に押し切られてしまい、後手に回ったように見えました。



ジェフとしては、後半も同じ形で押し切るというのはなかなか難しく、

後半のルーズな時間にも対応できる形というのも必要なように思います。



やはり、一人でもカウンターできるような攻撃の形を作ったり、

少人数でも攻められる形を作らないといけないと思います。



ただ、現状では交代の多くを守備的な選手で締めてしまっていて

相手に脅威を与えるものではなくなっているように思います


前半は相手に脅威を与える形ができつつあるので、

後半も相手に常に怖さを与える形を作ってほしいと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

走れてゴール前に人数をかけられるようになってきました<2019年J2第33節徳島戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ1-1徳島



どうも、わたしです。



ジェフは走ることを意識し、

ゲームを通じて局面でコンパクトにプレーできたように思います。



攻撃面でも前線に人数がかかるようになり、

ゴール前に人数が入って、絡んでの攻撃が増えたように思います。



ゲームを簡単に振り返ります。


ゲームは徳島がパスをつなぎつつ来るのに対し、ジェフは高い位置からプレッシャーをかけ、積極的に入った。ジェフがコンパクトに布陣し徳島にパスの入りどころをなくす形を作ると、徳島はサイドの大外から攻める形をとり、互角の展開となる。ジェフは前線の寄せが弱まりやや劣勢になっていたが、43分、前線で人数をかけ波状攻撃を仕掛けるとPKを獲得、クレーべが決めて先制に成功し、1-0で前半を終えます。後半に入ると、ジェフと徳島と攻守の切り替え早い展開となり、双方にチャンスが生まれるも、ジェフの前への圧力が強く徐々にジェフペースとなった。ジェフのシュートチャンスが続くがなかなか決めきれないでいると、79分、ジェフの左サイドからワンツーで藤田に決められ1-1となった。その後も、ややジェフが攻勢に攻めるも決めきれず、1-1で引き分けたゲームでした



思うところを書いていきます。



①走れて、ゴール前に人数をかけられるようになってきました


ジェフは、パスを回してくる徳島に対し、

よく走って、コンパクトを作り、相手のパスの入り先をつぶしたと思います。



さらに攻守の切り替えも早く、攻撃で上がるスピードも速く、

攻撃面でもコンパクトを維持し、細かくパスをつなげてように思います。



右サイドでは矢田を中心に、ヨネやクレーべ、工藤が絡んで細かいパスで崩す形ができ、

左サイドも、為田と下平が絡む形も多かったと思います。



サイドの局面だけではなく、それはゴール前にも表れ、

ジェフはゴール前に人数が入る形も多かったように思います。



PK獲得となったシーンでも、クレーべだけでなく多くの選手がゴール前に入り、

波状攻撃でシュートを狙った結果が、PK獲得につながっていると思います。



またゲームを通じてもシュート23本と、

シュートにつながる形を作れたように思います。



走ることで、守備にも人数をしっかりしたうえで、

攻撃にも人数をかけてシュートまでもっていく形が、できつつあるように思います。


今節は勝ち切れなかったですが、

攻守にしっかりした形ができつつあります。



この後も岡山、山形と好調なチームが続きますが、

しっかりとジェフらしいゲームをして、勝ち点を積み上げていきましょう


がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - レポート ブログトップ