So-net無料ブログ作成
即レポ ブログトップ
前の3件 | -

流動-山形戦即レポ [即レポ]

ジェフ1-4山形



どうも、わたしです。



ジェフはホームでよく動いて、

流動的な戦いをよく仕掛けたと思います。



ただ、山形の方が一枚上で、

流動的な飛び出しで、さらに上のゲームをされてしまった印象でした。




さて、ゲームは両軍とも縦に早い展開で始まり、ジェフもどんどんサイドの裏に入れていって、

サイドからチャンスを作った。



アランとヨネのコンビでクロスまでいくシーンがあるものの、得点には至らないでいると、

徐々に山形に収まるようになり、押されるように。



ややジェフが下がるようになると、35分、クリアボールを相手に奪われると、

カウンターから本田に決められ失点、前半を0-1で終えます。



後半に入ると、すぐの46分、ジェフは右サイドで起点を作り、

アランとヨネのコンビから、ヨネのクロスを、ファーサイドの矢田が決めて同点とした。



しかし徐々にジェフは間延びしていくと、山形のコンパクトに苦しみ、

形が作れない。



57分にカウンターを受けると、山岸のシュートを優也がセーブも、

こぼれを山田に決められ失点。



79分には、GKへのパスをさらわれ、

大槻に決められ失点した。



さらに90+2分、井出がサイドに振ると、

柳からのクロスを井出に決められ失点となり、1-4で敗戦したゲームでした。




さて、ジェフは今節、かなり流動的に動いて、

早いサッカーを目指していたように思います。



アランや工藤が裏に抜けて起点を作るとともに、

ヨネや勇人、熊谷らが駆け上がって、ゴール前に入る形も見えました。



サイドで起点を作りつつも、中央にも走り込んでいる形は、

厚みもあって悪くなかったように思います。



ただ、一方で、そんな流動的な戦いをするためには、前線に人数をかけラインをあげる必要があり、

リスクもありましたね。



後半やや間延びしてくると、寄せも弱くなりスペースを作ってしまうと、

山形の飛び出しを抑えきれなくなってしまったように思います。



山形は、パスを出すと、パスアンドランで出し手が前に走ることも多く、

ジェフはディフェンスがついていけなかったように思います。



ジェフもかなり流動的に動く形を作れて、流動性を出せたゲームですが、

山形は、チームの規則でシンプルに流動性を作り、ジェフを上回ったように見えました。



ジェフとしても、しっかりチームの方向性やルールを作り、

シンプルな流動性を作りたい。



今節は、工藤やアラン、ヨネ、勇人、熊谷らが走って流動性を作っていましたが、

ガムシャラに走るだけでなく、ルールにのっとって、シンプルに走る形を作りたいですね




がんばれジェフユナイテッド


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

形作-岡山戦即レポ [即レポ]

ジェフ0-0岡山


どうも、わたしです。



ジェフは前半はややペースを握り、後半は岡山ペースで進んだゲームで、

スコアレスドローでした。



引き分けでしたが、徐々にチームの形がしかりと見えてくる、

そんなゲームになったと思います。



さてゲームは、序盤から岡山が前からプレスをかけカウンターを狙って始まったが、

ジェフが徐々にボールを落ち着けて、主導権を握った。


序盤はジェフが奪われると岡山に裏に入れられる展開もあったが、

ジェフの早いパス回しでペースをにぎり、奪われても相手の速攻を遅らせる守備でペースを握った。


全体的にジェフペースで進み、左サイドを中心に数的優位を作りクロスまでいくが、

決めきれず、前半を0-0で終えます。



後半にはいるとややルーズな展開となり、

岡山の出足が目立つように。



局面で出足で負けると、前線へボールを出され、

裏へのスペースで競り合いになるシーンが増えた。



それでもジェフは、全体t系に大きなスペースを空けず、

攻撃でもサイドからの攻撃を仕掛け続け、互角の展開を続け、0-0で引き分けたゲームでした。



さて、ジェフは引き分けに終わったものの、

徐々にチームの形が出来上がりつつあるように思います。



後方からパスをつないでいくにしても、起点となる選手がきちんとスペースに動いて、

どこにつないでいくか、明確になっている感じがします。



サイドに入れば、SHとSBが絡むだけでなく、工藤や熊谷も絡んで、

数的優位を活かして、クロスまでつなげるシーンも多かったように思います。



岡山はここまで好調で、守備も堅く、攻撃でも鋭さがあるチームと思いますが、

攻撃でも守備でも一定の形が見えたゲームではないかと思います。



この形をさらに早く安定的にできれば、

ジェフらしいサッカーができていくと思います。



ここからは、出場停止となる選手も出てきて、不安定な面もありますが、

誰が出ても、ジェフらしいサッカーができるよう頑張っていきましょう


がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

前へ-徳島戦即レポ [即レポ]

ジェフ1-1徳島


どうも、わたしです。



ジェフは引き分けながら、

好調徳島に対しいいゲームをしたと思います。



コンパクトな布陣から、前へ早い形を作り、

前への圧力の高いサッカーを作りつつあると思います。


さて、ゲームは徳島がパスをつなぎつつ来るのに対し、

ジェフは高い位置からプレッシャーをかけ、積極的に入った。



ジェフがコンパクトに布陣し徳島にパスの入りどころをなくす形を作ると、

徳島はサイドの大外から攻める形をとり、互角の展開となる



ジェフは前線の寄せが弱まりやや劣勢になっていたが、43分、前線で人数をかけ波状攻撃を仕掛けるとPKを獲得、

クレーべが決めて先制に成功し、1-0で前半を終えます。



後半に入ると、ジェフと徳島と攻守の切り替え早い展開となり、

双方にチャンスが生まれるも、ジェフの前への圧力が強く徐々にジェフペースとなった。


ジェフのシュートチャンスが続くがなかなか決めきれないでいると、

79分、ジェフの左サイドからワンツーで藤田に決められ1-1となった。


その後も、ややジェフが攻勢に攻めるも決めきれず、

1-1で引き分けたゲームでした。



さて、ジェフは勝ち切れなかったですが、

チームの形がしっかりしてきた印象でした。



前線から最終ラインまでの布陣もコンパクトにしつつ、

局面で相手にしっかり寄せて、相手に自由にさせていないように思います。



局面で奪ったところからは、前に圧力の高い形を作り、

前へ前へ、ボールを運んでいっていました。



攻撃面でも守備面でも、ズルズルと引いてしまうのではなく、

前への圧力をかけてサッカーができていることはいいことと思います。



手元のシュート数でも、ジェフ22本、徳島13本となり、

ジェフが大きくシュートへの意欲を見せたとも思います。



ジェフとしては引いてしまうのではなく、

ハイプレスなどで前への圧力をかけ、相手を押し込んでいくサッカーができることはらしさを出してくことと思います。


前節の水戸戦からは、そんな前への圧力高いサッカーを作りつつあると、

思います。



リーグ戦も残り9試合、ジェフはこのまま、前への圧力の高いゲームを続け、

攻撃的なサッカーをしたいですね。



最後まで前を向きつつ、

リーグを戦い抜いていきましょう




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - 即レポ ブログトップ