So-net無料ブログ作成

入込-札幌戦即レポ [即レポ(2016)]

ジェフ2-2札幌


どうも、わたしです。


首位札幌と鬼門ドームでの対戦ということで、

意気込んで参戦していただいたサポの皆様、お疲れ様でした。



気合の一戦を、大きく後押ししてくれたと、

思います。


わたしは、スカパーの追いかけ再生観戦です、

あしからず。



さて、ゲームは前半はジェフペース、後半は札幌ペースとなる、

激戦で幕を下ろしたゲームとなりました。


前半、エンドチェンジして臨んだジェフは、よく走ってコンパクトに攻め、

ペースを握ります。


札幌のゾーンの間に入り込んで起点を作ると、横へ縦へとつなぎ、

奪われてもすぐ寄せて奪い返し、コンパクトなサッカーで押し込みます。


16分に、多々良のクロスがクリアされるも、

也真人がボレーで押し込み先制に成功。



さらに20分に、ジェフの右サイドからのクロスが相手ディフェンスに当たって流れたところを、

阿部がミドルで突き刺して、2-0と突き放した。



前半はそのままペースを握り続けるかと思われたが、ジェフはやや足が止まり、

下がったところを、右サイド崩され、クロスが流れたボールを内村に決められ失点。


前半を2-1で折り返します。



後半に入ると、ジェフは前半ほどコンパクトが作れず、札幌のゾーンにかかると、

カウンターを受けても寄せきれないシーンが続く。



ジェフは吉田を投入するなど動きをカバーするも、やや札幌の個に収められるシーンが増えると、

72分にカウンターから、ヘイスに決められ失点。


その後は両軍極限までスタミナを使い、激戦となるが決めきれず、

2-2で引き分けたゲームでした。



さて、2-0のリードから追いつかれたゲームということですが、

わたし的には手ごたえを感じたゲームでした。



ここ数節、ジェフは、センターラインを中心に相手のライン間で起点を作って攻撃を組み立てることができていましたが、

今節は、守備にバランスの良い首位札幌相手にどれだけ通用するのか、非常に楽しみでした。



そんなジェフですが、前半は、

札幌の守備相手に、ほぼジェフペースでゲームができたのではないでしょうか。



ここまでのゲームでは、エウトンや長澤ら強さやうまさのある選手が起点でしたが、

今節は也真人や船山らが走って相手のライン間で起点を作るケースも多く、



ジェフの選手みんながよく走り、相手のライン間に入り込んでは起点を作り、

さらにその周りにコンパクトに選手が入り込み、相手のバランスの良いゾーンを寸断するようなサッカーを見せました。


札幌のゾーン守備はここまで非常にバランスがよく、簡単に崩せないと思っていただけに、

この前半のサッカーは、おおきな手ごたえを感じるものでした。


特定の選手に頼るわけではなく、どの選手も相手のライン間に入り込み、

どんどん起点を作っては、相手をかき回し、ペースを崩していく、



非常に気持ちのいい、

サッカーです。



やや足がとまってきたこともあり、このサッカーができたのは前半だけでしたが、

ジェフの目指す形が見えてきて、しっかり首位チームにも通用したと感じます。



相手のライン間にしっかり入り込んでいくサッカー、

これができていけば、怖いパスサッカーとなるでしょう。



首位にも通用したジェフの強み、

ここからしっかり伸ばし、


負けないジェフを、

勝ち続けるジェフに変えていきましょう。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0