So-net無料ブログ作成

守備スライドが遅いように感じました<2019年J2第21節徳嶋戦@鳴門大塚> [レポート]

ジェフ1-1徳島




どうも、わたしです。



ジェフは序盤に先制も、そこからは徳島ペースで受け身になってしまい、

なんとか引き分けたゲームでした。



ジェフは4-4-2のブロックを組んで守ったものの、

守備スライドが遅かったように感じました。




流れを簡単に振り返ります。

ゲームは両軍コンパクトにかまえ、ジェフは前節と違い4バックになり、両軍4バックでのゲームとなった。序盤はジェフはコンパクトに徳島のパスをカットしては、サイドから攻めると、6分にクレーべのスルーパスを受けた見木が倒されて、PKを獲得、船山が決めて先制した。先制後は、徳島がボールを持つようになると、ジェフはやや引いて4-4-2に構え、引いた時間が増えた。しかしサイドからサイドに動かされると、ややマークが外れ、サイドの大外から攻められ、ピンチを招く場面も多かった。得点後は、徳島ペースとなり、前半は1-0でリードも、徳島ペースで終えます。後半に入ると、徳島は中盤に攻撃的な選手を交代で入れると、起点となり、ジェフは押し込まれた展開を回復できない。ジェフは中央に寄せて守りコンパクトを維持するものの、大外のスペースやライン間で崩されてしまう。60分に、中央で起点を作られると、裏のスペースを抜け出され、マイナスのクロスに、交代で入った渡井に決められ失点した。その後は3バックに戻し、改善をはかったが、劇的なペースの戻しはなく、1-1で引き分けたゲームでした。

思うところを書いていきます。



①守備スライドが遅いように感じました


ジェフは先制後は徳島にボールを持たれてしまい、

4-4-2でブロックを組む時間が長かったように思います。



しかし、ブロックを組んだ割には、徳島に縦にボールを入れられてしまい、

崩されるシーンが目立ちました。



徳島が後方でボールをサイドからサイドに回すと、ジェフも守備がスライドし逆サイドに寄るわけですが、

このスライドが遅く、逆サイドで縦に入れられてしまっている印象でした。



ブロックを組んで守る以上は、相手のボールの入りどころを消していかないといけないわけですが、

ジェフはそこが消せておらず、スライドが間に合わず起点を作られては、サイドから攻められたように思います。



見木・ゲリアの連携も、今節はうまくいっていないように見え、

マークの受け渡しや、ライン間をどう埋めるのか、難があったように感じました。




ジェフとしては、前で寄せていくのでなければ、

後方でボールの入りどころをなくすため、しっかり陣形を整えスライドすることは生命線となります。



今節はどうしても、はっきりとした形を作れず、

何とか守るだけになってしまいました。




どう守り、どう攻撃につなげ、どう点を取るのか、

しっかりとイメージの出来るチームにし、それを実行していってほしいと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0)