So-net無料ブログ作成

相手の寄せをはがせる形が欲しい<2019年J2第17節栃木戦@栃木グ> [レポート]

ジェフ0-0栃木




どうも、わたしです。



今節は、栃木の5バックに起点を作ることができず、逆にカウンターを浴びる展開も多かったですが、

0-0のドローとなりました。



早く寄せられることで、ボールホルダーもボールの入れどころにも自由がなく、

苦しい展開であったように思います。



流れを簡単に振り返ります。

ゲームは栃木が積極的に前から入り、ジェフは下がらせられる展開で始まったが、徐々にジェフがボールを落ち着け、ジェフがボールを持つ展開となった。ジェフがボールを持つと、栃木は引いて5バックを作る形を作り、ジェフはボールを動かすが、縦に入らず起点を作れない。逆にジェフはボールを失うとカウンターを受けサイドの裏に入れられてピンチを迎えるシーンも多かった。ジェフは崩せず、カウンターでピンチを迎える展開となり、やや栃木ペースで0-0で前半を終えます。後半に入ると序盤はやや押し込まれるも、徐々にジェフがボールをもち、5バックを崩しにかかる展開が続いた。徐々にオープンな展開になり、ジェフは中盤のマークが外れつつあったが、栃木はボールホルダーへの寄せをサボらず、なかなか起点が作れない。最後まで両軍とも守備の部分で穴をあけず、0-0で終了したゲームでした


思うところを書いていきます。



①相手の寄せをはがせる形が欲しい


今節はジェフがボールを回す時間が長く、

栃木が5バックに引いて守る展開が長かったです。



ただ、ジェフはボールホルダーにもボールの入れどころにも強く寄せられてしまい、

栃木に前向きに奪われてはカウンターを浴び、不安定な形であったと思います。



ボールホルダーに寄せられてしまえば、パスのコースはかなり限定されてしまいますし、

後ろを向かされてしまう時間も多くなってしまいます。



またボールの入りどころで寄せられてしまうと、そこで前を向けないとともに、

相手に前向きに奪われれば一気にカウンターの起点にされてしまいます。



ジェフとしては、それぞれで相手の寄せをきっちり外せる形が欲しいと、

思います。



基本てきには、しっかりとパス交換することで、相手のマークを外していく事と思いますが、

ジェフは、パスのスピードもそれほど速くなく、相手がついてこれてしまっていますね。



またボールの入りどころの局面では、数的優位を作り、

こちらでもパスを交換することで、相手のマークをはがしたいところです。



いまはどちらも、個の力に頼る部分が大きく、

自由の無さが目立ってしまうように思います。



守備のリスクを減らしつつではありますが、

攻撃面でも、相手のマークをはがす方法を身につけていってほしいですね。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0)