SSブログ

《プレビュー》明日はJ2大宮戦@NACK [プレビュー(2015)]

どうも、わたしです。



前節ホームで勝利を挙げたジェフは、

首位大宮に挑みます。


のこり9試合、

負けは許されないゲームです。



ジェフと大宮の対戦成績は、リーグ戦で、
ジェフの5勝5敗1分け(14得点16失点)です。
J2では1勝0敗0分け(2得点0失点)。



ジェフと大宮の最終対戦は、今年4月にJ2第7節をフクアリで戦い、
2-0で勝利しています。
前半開始から大宮がサイドへボールを入れて押し込んできたが、ジェフは落ち着いて追い返し、徐々にプレッシャーを高めてペースを握った。中盤でボールを奪取するとサイドへ振り、サイドからのクロスから複数の決定機を作るがわずかにゴール枠を外した。前半はジェフのシュート9本に大宮は4本とジェフがペースを握った。後半に入るとややジェフの運動量も落ち大宮が押し込んだ展開が続いた。しかしジェフはコンパクトな布陣で守備を続けると、アタッキングサードでは大宮に仕事をさせなかった。逆に早い攻撃への転換を見せると、77分にゴール前に侵入した勇人が起点となり、戻した左サイド佑昌からのクロスを井出くんが触り先制。すぐの80分、縦パスを受けたネイツのポストで受けた井出くんがドリブルで切り込みファーサイドに蹴りこみ2点目を奪った。その後は運動量を取り戻し、強い寄せで圧倒し、2-0で勝利となったゲームでした。



リーグ戦ここ5試合の大宮は、1勝3敗1分け(4得点7失点)です。
(ジェフは、2勝1敗2分け(6得点5失点))
首位を走っているものの8月以降はややペースダウンしている。バランスよくゾーンを張り、ボールホルダーへはしっかり寄せる守備で守ると、攻撃ではポジショニングよくサイドに展開し、クロスを入れてくる攻撃が多い。FWムルジャの卓越した得点力のほか、播戸・横谷・清水らFW陣の能力も高い。前線で家永・横谷らが収めている間にSBが上がって攻撃に絡むと、SH泉澤・渡邊大剛らはドリブルでの仕掛けもあるなど攻撃も多彩である。一方でカウンターを受けると中盤の寄せが中途半端な部分があり、裏に抜け出されるケースがあり、ピンチになっている。



ここまでの大宮は、22勝6敗5分け(57得点22失点)で、勝ち点71の1位。
ジェフは、13勝9敗11分け(43得点33失点)で、勝ち点50の7位


個人的注目点を書いていきます。



①連動したサッカーを見せよう


大宮のサッカーは、

選手がバランスよくポジショニングすることで出来上がっていると思います。



選手は攻守どちらでも、それほど動いていないんですが、

ゾーンを張れば穴が少なく、パスで揺さぶられても簡単にについていっていますし、



攻撃でも、相手のポジショニングの空いたところにうまく選手が入り込んでポジショニングしており、

大きく動かなくてもパスを受けられるようになっています。



そのため、大宮の選手はそれほど動かないのに攻守にうまくつながっており、

相手は動いているのに、やられてしまうように感じます。



ジェフは、そんな大宮を崩すためには、左右へのゆさぶりだけでなく、

同時に縦のゆさぶりをかける、連動性が必要だと思います。



サイドのSHにボールが入ったところで、SHが横パスもしくはドリブルで内に切れ込む仕掛けをするのと同時に、

裏にFWが抜け出す動きをすることによって、



同時に横の崩しと、縦の崩しをすることができます。



大宮側は、横の動きと縦の動き、両方に対応しないといけないので、

さすがにポジショニングだけでは、対応しきれないので、そのようなケースでは崩されているようです。



ただ、高い連動性が必要な動きが、

できるかどうか。



ここを注目してみてみたいと思います。


②高い位置での起点がほしい


ジェフの攻撃についてです。



最近のジェフはややブロックが低めで組まれることが多く、

やや重心が低いと感じていますが、


その理由の一つが高い位置で起点ができていないことと感じています。



そのため、高い位置で起点を作ることが、

注目点です。


高い位置で起点ができれば、全体的に押しあがることができ、

ジェフのストロングポイントである太亮が高い位置でプレーできますし、



2トップの森本・松田が、

裏に抜ける動き出しをするためのタメを作ることにもなります。



井出・ヤザ・森本・ネイツ・也真人らにかかってくると思いますが、

起点となり、ゲームメイクをしてほしいと思います。



③サイドの攻防を有利に進めよう

ジェフの守備についてです。



大宮の攻撃は、ボールを高い位置で収めるとすぐにサイドバックが上がってきて、

SBがあがると、SHは自由に仕掛けることができるようになり、活性化しています。



一方で、守備面でもどちらかというとサイドに追い込む形で守備をすることが多く、

サイドに寄せての守備もいいものがあります。


そのため、ジェフとしては、

サイドで主導権を握るため、守備でペースをつかみたいところです。



相手のSBが上がってきてもしっかり対応し、サイドで優位に進めることで、

サイドバックを上がりにくくし、SHを孤立させることにつながります。



サイドで主導権を握る、

ジェフの守備に注目です。



さて、ジェフは9月最後の戦いで、

首位大宮に挑む。



ジェフはいまだ勢いに乗りきれるまでは行けていないが、

8・9月では1敗しかしておらず、安定してきている。


一方の大宮は、前節こそ勝ったものの失速が見られ、

勝ち点を伸ばせないでいる。


ジェフとしては、首位相手のアウェイとはいえ、

勢いで押し出し、勝利を奪い取っていかなければいけないだろう。



首位相手に熱い戦いで、

勝利をもぎ取っていこう。




さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。