SSブログ

起点-岐阜戦即レポ [即レポ(2015)]

ジェフ1-0岐阜


どうも、わたしです。



今日は蒸し暑さと雨の予報の中、

参戦していただいたサポの皆様、お疲れ様でした。



わたしも参戦してきましたが、

声のよく出る、精鋭のサポが多かったと感じました。



さて、ゲームは両軍主力をメンバー配置し、

コンパクトな布陣での消耗戦になったと思います。



岐阜がコイントスを取り、

コートチェンジを選択し、前半から攻勢に出ました。


岐阜は非常にコンパクトな布陣で、ボール局面で数的優位を作ると、

どんどん前に出て、ペースを握りました。


岐阜の中盤の動き出しにジェフはついていけず、寄せが甘くなり、ペースを譲りましたが、

最終ラインで相手に起点を作らせず、失点をさせませんでした。


ハイペースで動いている岐阜が、35分くらいから徐々に動けなくなってくると、

ジェフは徐々に陣地を上げていき、ペースを奪いに行きます。



そして43分にCKを獲得すると、太亮のCKに栗山が競り合ってシュート、、

ポストに当たり真下に落ちたボールに、松田が当たり、ゴールとなりました。



ジェフはやや劣勢の前半ながら、

しっかり守り、セットプレーから先制し、きっちりとした前半となりました。



後半に入ると、岐阜の運動量が減り、

ジェフは逆に森本や井出くんらが運動量を増やし、起点になる動きがでてチャンスを作りました。



しかし、ジェフはサイドに広くパスを回す意図からか、選手間が遠く、

起点がゴールにつながらず、岐阜のコンパクトにゴールを奪えません。



徐々にスタミナが落ち、オープンな展開となっていきますが、

ジェフはなかなか前線で起点が作れない、もどかしい展開となります。



岐阜は逆に、MFヘニキが終盤に動きをまし、、

フリーになるケースが増え、起点となり、



ジェフは逆に起点となれる選手がいなかったため、やや岐阜ペースになりましたが、

何とか最終ラインで守りきり、1-0で勝利となったゲームでした。



わたしが気になったのは、

前線の起点です。



ジェフは前半は、前線の起点となる選手があまり動けず、

まったく縦パスが入らず、孤立したような展開でした。



岐阜のコンパクトな守備に、

やられてしまった印象があります。


逆に岐阜は、ボールホルダーがフリーなことも多く、

スペースに選手が入り込み縦パスを受けては、その近くに数的優位を作り、起点を作り出していました。


岐阜の流れでは、縦パスを受ける選手が後ろ向きでも、

その近くに数的優位があり、戻したりサイドに落としたりすることで前を向ける選手ができて、


数的優位を作ることにより、

前を向いて攻める流れを作られてしましました。


前半は、そんな流れから、ジェフが先制したとはいえ、

圧倒的に岐阜流れであったように感じました。



逆に後半は、森本や井出くんらが動いて起点を作り、

前を向ける展開もありましたが、


ジェフの場合は、ボール近くには数的優位がなく、フォローがいないため、

井出くんや森本が孤立してしまうことが、多かったです。


起点を作る流れがきちんと見えないジェフに対し、

岐阜はスタミナが持つ時間は短いながら、起点を作った形がしっかり見えました。


そういう意味では、ジェフは勝ったものの、

いい形ができず、岐阜がいい形を作ったと感じました。。



天皇杯での舞台ではジェフが勝てたものの、

この対戦はリーグ戦でも対戦を残しています。。



前線での起点をどう作るかと、

その起点の周りの選手の使い方、さらに、



点の取りかた。





狙いをもってゲームをするのかどうかというのは、

今後のJ2の行方を左右すると思われます。



来週からはJ2リーグが再開しますが、

どう点を取るのか、チームで見直して、勝利を不動のものにしていってほしいと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。